主人公たち紹介

主人公ページ

表挨拶

代表取締役豊田匡臣写真

私たちオルウィンはデザイン力を活かして、人、企業、団体、社会、それぞれが持っている本来の力を引き出し、幸せな未来を創ることに貢献します。

これをオルウィンの事業の目的・意義として経営理念に定め、「笑顔あふれるつながり」をデザインしています。

オルウィン(All Win)という社名に込めた三方良し(売って良し、買って良し、世間良し)の精神で、みんなが笑う(全勝→全笑)活動に精進しています。

私たちオルウィンは、三方良しの精神で、たくさんの企業経営が良くなれば、世の中は当然良くなると考えています。 その企業を構成しているのは「人」です。「企業は人なり」。
企業が良くなるには、全従業員が主体的に目的を持って、その集団が心を合わせて未来を創ることです。

私たちは「人が変わり、会社が変わり、世界が変わる。そのリーディング企業」を創生する機会開発業として、デザイン力を駆使しています。

みんなが自分の人生の主人公として「私のもの語り」を持ち合わせています。
その主人公たちの共働態として企業が活動をします。
そこに企業の存在意義、いわば経営理念(ミッション)をもち、ひとつの意味実現を目指すことになります。
それが「私たちの共に未来をつくるもの語り」となります。 企業にはこの「私たちの共に未来をつくるもの語り」が不可欠となります。
これが企業のビジョンだと思います。

  • ①事業の目的・意義としての「経営理念」・・・ミッション誕生プログラム
  • ②曖昧ではなく鮮明なカラー写真のような「ビジョン」・・・ビジョン誕生プログラム
  • ③企業を躍進させる主人公たちである「人財」・・・主人公誕生プログラム
  • ④想いがにじみ出た商品・サービスをカタチにする「ブランド」・・・ブランディング誕生プログラム
  • ⑤全従業員の心をひとつにする企業の「フィロソフィー」・・・フィロソフィー誕生プログラム

まずは、企業の根幹となる部分にスポットを当て、これらのプログラムを開発しました。

デザインにする前に、企業様の根幹となる部分から引き出して行くお手伝いをさせて頂くことで、より良い商品やサービスが生まれています。
その素晴らしい商品をより多くの皆様にご提供できるために私たちのデザイン力が活躍できます。 その商品やサービスにファンが増え社会が良くなることを願っております。
企業の風土や文化には「もの語り」があり、その「もの語り」をデザインさせて頂いております。
笑顔になること、つながること、互いがより良い社会にする役割を担えるような文化づくりを志した仲間集団がオルウィンだと自負しています。

皆様あっての私たちオルウィン株式会社です。本当に感謝しております。
今後とも、温かいご指導やご支援を賜りますよう、何とぞお願い申し上げます。

オルウィン株式会社代表取締役豊田匡臣